食事、運動、そして睡眠を十分にとる

健康な体を手に入れるために注意する点は、大きく3つ挙げられます。
正しい食事、適度な運動、そして良質な睡眠、です。
これらが正しく実践されてこそ体の健康は成り立ち、且つ精神的にも健康でいられるのです。
ここでは、これらについて簡単に見ていきましょう。

正しい食事を心がける

まずは「正しい食事」です。
朝食を抜いたり、不規則な時間に食事をするのは体に良くありません。
1日3食、できるだけ毎日同じ時間に食べるようにしましょう。
そしておいしく食べるという点も重要です。
また、好きなものばかり食べたりせずバランスよく食べましょう。
いくら体にいいからとしても、同じ食品ばかりを食べるのは体に却って悪影響を与えることもあります。
これは特にダイエットをしている人が陥りやすい点なので要注意です。
食事をよく噛むことも大切です。
できれば50回以上噛んで唾液をよく出し、食材を細かくすると栄養が吸収しやすくなり、また胃腸への負担が減ります。
さらに、食べることだけにこだわるのではなく、排出、つまり排便にも気を配りましょう。

適度な運動を行う

次に「適度な運動」です。
ヒトの体は、筋肉が弱くなると骨も弱体化しますし筋肉で守られた内臓の働きも悪くなるなど、さまざまな悪影響がでてきます。
したがっていつまでも筋肉を維持、できれば強化していきたいものです。
そのためにはとにかく体を動かすことです。
ジムに通ったり、ランニング、ジョギングなどはもちろん効果的なのですが、なかなか毎日継続するのは難しいものです。
ですから、暇をみて首や肩、腕を回すといった程度の軽い動きならいつでもどこでも続けることができるはずです。
また普段運動をしていない人が急にランニングやジョギングを始めるのは大変ですから、1日1万歩を目安に歩きましょう。
呼吸機能を上げるために深呼吸を行うのも効果的です。

良質な睡眠をとる

そして「良質な睡眠」です。
人は人生の1/3~1/4ほどの時間を眠っています。
ですから、睡眠がしっかりとれない、いい睡眠でないというのは生活を送るうえでいろいろと支障をきたしてしまいます。
良質でリズムの良い深い睡眠を得るためには「アルファ睡眠」が最適です。
アルファ睡眠とは、脳波をアルファにした状態で眠り目を覚ますというものです。
そのためには、夜寝る前に柔軟体操で筋肉をやわらげたり翌朝目覚めたい時刻を脳にインプットさせてから寝る、朝起きたときに「よく寝た」と思いながら大きく伸びをする、そして今日1日楽しい日になると考えるといいでしょう。
寝具に気を配り、快適に眠れるものを選ぶことも大切です。
また、夜寝る前にパソコンやスマホなどを見るのは脳が覚醒してしまうのでNGです。

健康な体を手に入れるために、この3つに注意して毎日を過ごしましょう。

以上、食事、運動、そして睡眠を十分にとる…でした。